軽井沢自然食品

軽井沢自然食品

%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%ad%e3%82%b92_1

餅のチュロス マカきな粉風味

餅を使ったグルテンフリーのチュロス。餅のサクジュワ感とマカきな粉の香ばしさがやみつきに。

材料 チュロス8本分


  • 市販の切り餅・・・2個
  • きな粉・・・大さじ1
  • ココナッツシュレッド・・・大さじ1

     

     

  • メイプルシュガー(なければ甜菜糖)・・・大さじ1

     

  • ココナッツオイル・・・大さじ2

     

  • Sembradorマカパウダー・・・小さじ1

作り方


  1. 切り餅は縦1回、横1回にカット。1個の餅を全部で4本のスティック状にする。
  2. フライパンにココナッツオイルを熱し、中火で餅の表面がパリッとし中に火が通るまで揚げ焼きする。
  3. 小さなボウルにきな粉、ココナッツシュレッド、メイプルシュガー、マカパウダーを入れ、よく混ぜておく。
  4.  ③を焼いた餅全体によくまぶし、盛り付ける。
%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%99%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%82%ab%e3%82%aa%e3%82%af%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%bc%e5%86%99%e7%9c%9f1_1

フローズンカカオクッキー

焼かずに冷やすだけ!カカオニブとナッツのザクザク感が楽しい、シュガーフリーのフローズンクッキー。

材料 直径5㎝のクッキー14個分


  • ココナッツシュレッド(できれば無漂白のもの)・・・1/3カップ
  • バナナ・・・1本(約150g)
  • レーズン(オイルコーティングしていないもの)・・・1/2カップ
  • Sembradorカカオパウダー・・・1/4カップ
  • Sembradorカカオニブ・・・1/4カップ
  • お好きなローストナッツ(カシューナッツ、アーモンド、くるみなど)・・・1/4カップ
  • Sachiaチアシード(ブラック)・・・大さじ2
  • 浄水・・・大さじ2
  • ココナッツオイル・・・大さじ2
  • 自然塩・・・ひとつまみ

作り方


  1. 水を入れた小さな容器にチアシードを入れて箸などでダマにならないようかきまぜる。 水を吸いジェル状になるまで30分程度置く。
  2. フードプロセッサーにカカオニブとナッツ以外の材料を入れ、生地がまとまるまで撹拌する。
  3.  次に粗く刻んだナッツ、カカオニブの順に加える。 フードプロセッサーはこの時ザクザクとした食感が損なわれない程度に回すのがポイント。
  4. オーブンペーパーを敷いたトレイにスプーンですくった生地をポトンと落とし、指で真ん中付近にくぼみをつける。
  5. ココナッツシュレッドと粗く刻んたナッツ、カカオニブ(分量外)をトッピングし、 冷凍庫で固まるまで冷やす(30分程度)。
    ※生のナッツを使う場合はカシューナッツは2~4時間、アーモンドやくるみは8~12時間程度浸水してから使ってください。
%e3%82%ab%e3%82%ab%e3%82%aa%e3%83%9e%e3%82%ab%e7%94%98%e9%85%92%e5%86%99%e7%9c%9f2_1

カカオマカ甘酒

マカのアクセントが効いたカカオ風味の甘酒。お子様から大人まで幅広く年齢層に受け入れられるドリンクです。

材料 2人分


作り方


  1. すべての材料をブレンダ―に入れ、滑らかになるまで撹拌する。 夏は冷蔵庫で冷やし、冬は温めて飲むのがおススメ。
    ※味噌によって塩分量が異なるので、入れる量は調整する。

 

%e3%83%81%e3%82%a2%e6%b1%81%e5%86%99%e7%9c%9f_ec

チア汁

お鍋もボウルもお椀も不要!フタつきのガラスジャー一個で作る、チアシード入りのサラダ風冷や汁。

材料 350mlのフタつきガラスジャー瓶1個分


  • 豆乳(成分無調整)・・・200cc
  • Sachiaチアシード(ホワイト)・・・大さじ1/2
  • 練り胡麻ペースト(白)・・・小さじ1
  • 味噌・・・小さじ1
  • ズッキーニ・・・3㎝程度
  • きゅうり・・・1/3本
  • プチトマト・・・3個
  • とろろ昆布・・・ひとつまみ程度
  • ブロッコリースプラウトなど・・・適量
  • スモークパプリカパウダー(あれば)・・・小さじ1/4

 

作り方


  1. 瓶に味噌、練り胡麻ペースト、スモークパプリカパウダー、生醤油を入れ、豆乳を少しずつ加えながらのばしていく。
  2. ①にチアシードを振り入れ、蓋を閉め軽くシェイク。
    チアシードが水分を十分に吸うまで再びフタをして冷蔵庫で1時間程度冷やす。
  3. きゅうりとズッキーニは1~2ミリの輪切りにし、プチトマトは細かく刻んでおく。
  4. ②にとろろ昆布、キュウリ、ズッキーニを入れた後、プチトマト、ブロッコリースプラウトをのせてできあがり。

※味噌によって塩分量が異なるので、入れる量は調整する。
※しっかりした味付けが好みの方はズッキーニとキュウリを軽く塩もみしてから入れるとよい。

 

 

%e5%a4%8f%e3%83%9f%e3%82%ab%e3%83%a0%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%82%99_2_1

夏みカムスカッシュ

甘味料不使用。夏みかんとカムカム、ローズマリーのビターなソーダ

 

材料 2人前(グラス2杯分)


  • 夏みかんのしぼり汁・・・100cc
  • 天然炭酸水・・・120cc
  • Sembradorカムカムパウダー・・・小さじ1/4
  • ローズマリー・・・2枝
  • スライス夏みかん・・・1枚
    (飾り用)
  • 粉山椒・・・少々
    (お好みで)

 

作り方


  1. スクイザーで夏みかんの汁をしぼる。
  2.  飾り用の夏みかんは1センチ厚さの輪切りにした後、放射状に6等分する。
  3. グラスに夏みかんのしぼり汁、カムカムパウダー、炭酸水を注ぎよく混ぜる。
  4. 夏みかんのスライスを数切れ浮かべ、ローズマリーを挿し、縁に夏みかんのスライスを飾る。
    お好みで粉山椒を加えていただく。
%e3%83%af%e3%82%ab%e3%83%a2%e3%83%ac_2_1

カカオ風味のワカモレ(アボカドディップ)

隠し味にカカオパウダーを入れ、アボカドディップのコクをアップ。カリカリしたカカオニブが食感のアクセントに。

 

材料 2~3人分


  • アボカド・・・2個
  • レモンの搾り汁・・・1/2個分
  • Sembradorカカオパウダー・・・小さじ1
  • ガーリックパウダー・・・小さじ3/4
  • 自然塩・・・小さじ1/2
  • ブラックペッパー・・・少々
  • Sembradorカカオニブ・・・小さじ1
  • パプリカ・・・小さじ1
    (みじん切り)
  • 玉ねぎ・・・小さじ1
    (みじん切り)
  • 獅子とうがらし・・・1本分
    (みじん切り)
  • プチトマト・・・1~2個

 

作り方


  1. アボカドは皮と種を取り、ボウルに入れフォークでペースト状になるまでつぶす。
  2.  ①に塩、こしょう、ガーリックパウダーを入れ味を調えた後、カカオパウダーを加えてよく混ぜる。
  3.  器②を盛り付け、カカオニブ、パプリカ、玉ねぎ、プチトマト、獅子唐辛子、カカオパウダーをトッピングする。
  4.  お好みでトルティーヤチップスや野菜スティックを添える。

 

Recipe / Styling / Photo : Nahoko Ono (Elle-Vegant)

%e3%83%81%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%99%e3%83%b3%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc_2_1

チアフォンダンウォーター

チアシードとドライフルーツを使った「進化形のフレーバーウォーター」。
チアシード入りなので食前に飲むと食べすぎ防止にも。チアシードは飲まずによく噛んで食べましょう!

 

材料(400ccのメイソンジャー1瓶分)


  • ドライフルーツ・・・お好きな量
    (砂糖不使用のもの。オレンジ、みかん、マンゴー、キウイ、いちご、プルーンなど)
  • フレッシュハーブ・・・お好きな量
    (ローズマリー、ミント、レモングラスなど)
  • Sachiaチアシード・・・大さじ1杯程度
    (ブラック、ホワイトどちらでも)
  • 浄水・・・400cc

作り方


  1. フタつきの密閉容器(メイソンジャーのような容器)にお好みのドライフルーツとハーブを入れ、水を注ぐ。甘めの味がお好みの方はドライフルーツを多めに、さっぱり系がお好みの方はハーブを多めに入れるとよい。ボトルは透明なものにすると中のフルーツやハーブが見えるのでおススメ。
  2. 上からチアシードを振り入れ、ふたを閉めた後瓶をよくシェイク。30分程度置く。
  3. 飲む前はチアシードが瓶の中にまんべんなく行き渡るよう、よく振ってから飲む。

 

Recipe / Styling / Photo : Nahoko Ono (Elle-Vegant)

%e3%83%81%e3%82%a2%e3%83%92%e3%82%99%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%81%82%e3%82%93%e3%81%bf%e3%81%a43

チアビューティーあんみつ

ローズ風味の生チアシードジャム、マキベリー風味あん(ノンシュガー)入りの「ビューティースーパーフードあんみつ

 

材料 2人分


【寒天】

  • 寒天パウダー・・・3g
  • 浄水・・・400cc

【マキベリー風味あん】※2人分ではなく、ブレンダ―を使って作りやすい分量となっています

作り方


  1.  浄水を入れた鍋に粉寒天を振り入れてふやかし、弱火で沸騰させないようよく煮溶かす。
  2.  水で濡らしたバットに流し室温で固める。固まったら1センチ角に切り冷蔵庫で冷やす。
  3.  マキベリーあんを作る。コンパクトタイプのブレンダ―またはフードプロセッサーに種とヘタを取ったデーツと水を入れ、30分~1時間程度ふやかす。
  4. マキベリーパウダーと自然塩を加え、こしあん状になるまでブレンダー(フードプロセッサー)を回す。
  5. 器に寒天を盛り、その上にお好きな量のチアベリーローズジャム、マキベリーあんをトッピングしてできあがり。
    ※市販のみつ豆用寒天を使ってもよい。
    ※マキベリーあんは密閉容器に入れ、冷蔵庫で1週間は保存可能。
    ※さらに甘味が欲しい方はヤーコン黒蜜をプラスすると満足感アップ。
    黒豆とレーズンのヤーコンシロップ漬けを加えると「スーパーフードみつ豆」に。

 

Recipe / Styling / Photo : Nahoko Ono (Elle-Vegant)

%e3%83%81%e3%82%a2%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%99%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a3%e3%83%a05

チアベリーローズジャム

ローズとベリーの香り漂うエレガントな生ジャム。炭酸やシャンパンで割ってカクテルにも。

材料(カップ1杯分)


  • イチゴ・・・150g
    (冷凍でも可能)
  • Sachiaチアシード・・・大さじ1
    (ホワイト、ブラックお好きな方)
  • ローズウォーター・・・大さじ2
    (食用のもの)
  • メイプルシロップ・・・小さじ1

作り方


  1. チアシードとローズウォーターを小さな器に入れ、箸などで素早くかきまぜる。ダマがなくなったら30分~1時間置き、ジェル状になるまでよく水分を吸わせる(夏場は冷蔵庫で)
  2. ボウルにイチゴを入れ、フォークでよくつぶす。
  3.  ②に①のチアシード、メイプルシロップを加えてできあがり。
    ※日持ちがしないので、なるべくその日中に食べきる。
    ※チアベリーローズジャムを使ったチアビューティーあんみつのレシピはこちら。

Recipe / Styling / Photo : Nahoko Ono (Elle-Vegant)

%e3%83%81%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%81%a8%e5%a4%a7%e8%b1%86%e3%81%ae%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%bc_1

チアシードと大豆のチェー

ベトナムのお汁粉「チェー」を、チアシードと大豆を使って日本風にアレンジ。コクのあるヤーコンシロップがフルーツとココナッツミルク、大豆の甘味を引き立てます。

 

材料 (ショットグラス3個分)


  • ココナッツミルク・・・100cc
  • バナナ・・・1本
  • アボカド・・・1/2個
  • Sachiaチアシード・・・大さじ3
    (ブラック、ホワイトどちらでも)
  • Sembradorヤーコンシロップ・・・大さじ3程度
  • 大豆の水煮・・・大さじ2
    (味のついていないもの。蒸し大豆でもよい)
  • バニラエキストラクト・・・小さじ1
    (あれば)
  • 冷凍ストロベリー・・・お好きな量
    (刻んだもの)
  • 冷凍ブルーベリー・・・お好きな量

 

作り方


  1. ココナッツミルクにバニラエキストラクト、チアシードを入れて軽くかきまぜ、2~3時間程度冷蔵庫で冷やす。
  2. グラスに①のチアシードを盛り、その上に大豆、アボカド、バナナ、冷凍ストロベリー、ブルーベリーを載せ、
    ヤーコンシロップを上からタラリとかけたらできあがり。
  3. よくかきまぜてからいただく。
    ※ヤーコンシロップの量はお好みで調節してください。

 

Recipe / Styling / Photo : Nahoko Ono (Elle-Vegant)